進化を続ける空撮の方法

空撮とは、飛行機やヘリコプターなどの有人航空機またはドローンやマルチコプターなどの無人航空機で空中から撮影することです。

主にテレビなどの報道に使われますが、それ以外では映画の撮影などでも利用されています。また、太陽光パネルを点検するために赤外線カメラが使われることもあります。昔は、ヘリコプターに乗ったカメラマンがカメラを肩に担いで身を乗り出す撮影スタイルが主流でしたが、撮影した映像が振動でブレやすいことが難点でした。

そのため、簡易防振装置が使われるようになりましたが、これも振動による映像のブレを完全に無くせませんでした。しかし、現在はジャイロを搭載したスタビライザーカメラが登場し、空中からでも鮮明な映像を撮れるようになりました。なお、最近では、マルチコプターなどを利用して低い高度からの空撮も行われています。近年においては、ドローンによる空撮のサービス業を行う会社も現れました。

長い間、映像制作業務に携わってきたプロがドローンパイロットを担当している会社もあり、その豊富な経験により高品質な映像を制作しています。そのため、プロモーションビデオ・テレビ番組・ドラマ・映画の撮影など、幅広い発注が可能となっています。また、個人でドローンを購入して空撮を行う人も増えてきました。空撮に使えるドローンには10万円を超える高価な機体もあれば、1万円以下の物まであり、とても手軽に空中からの撮影が出来る時代を迎えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *