空撮は客観的で効率的な調査方法です

写真は客観的な記録です。

肉眼で景色を確認するよりも効率が良くなります。人間の目だけで正確な様子を記録しチェックする事は難しいです。誰でも多かれ少なかれ死角や盲点があります。また物理的に確認する事が出来ない場合もあります。普通の町中であれば建物を安全に撮影するやり方がありますが、自然豊かな地域だとカメラを片手に行く事が出来ないスポットが多いです。

絶壁の崖や足場が悪い湿地帯、草木が生い茂る山や安全性が確認されていない無人島などは、調査のためとはいえ安易にカメラを携帯して向かう事は出来ません。事故や怪我は避けなければいけませんし、無理に危険地帯に向かっても肝心の調査に必要な写真が撮影出来なければ本末転倒でしょう。人が安全に足を踏み入れられないスポットについては空撮が便利です。国や大学の地理調査では空撮という手段が多く用いられています。

客観的に周辺の様子を記録する事ができ、物理的に確認するのが厳しいエリアも完璧に撮せます。広大な地域の様子を確認したい場合は飛行機やヘリコプターによる空撮がオススメです。沼地や湿地帯、森林部なども空からであれば周辺一帯の情報がひと目で確認出来ますし、地上からは分からなかった全体像が自然と浮かび上がります。不動産としての価値を調べる場合にも便利です。地上から見たら、ただの荒れ地だったにも関わらず空撮した結果、実は隠れた優良物件だったという事があるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *