航空レーザー計測は迅速な地形測定が可能です

航空レーザー計測は航空機からレーザーを地表に照射し、その反射の速度を計測することで地球を測定する画期的な方法です。

レーザーの直進性を生かし、その反射の光の強さや角度、時間などを分析することで知見を詳細に知ることができるものであり、短時間で簡単に正確な地形を測定することができる方法として注目されるものとなっています。これまでの地形の計測方法は、航空写真をもとに机上で地形を分析したり、実際に自動車などを利用し地表から地球を測定するという方法が主流でした。

しかしこれらの方法では航空写真を利用した場合その精度が非常に曖昧となってしまう危険があることや、実際に地表で測定した場合との精度のばらつきが大きいことから実際に利用できる地形図を作成するためには膨大な時間がかかってしまうことが少なくありません。また場所によっては現場に行くことができない場合も多いため、不正確な地形図となってしまうことも多いのが実態でした。

航空レーザー計測を利用することで立ち入ることができない場所であっても詳細な地形を読み取ることができ、精度の高い地形図を作成することが可能となっています。さらに空中から測定すると短い時間で測定が可能で、作業効率が高まるため短期間でより広範囲の情報を得ることができるようになるのです。現在では航空レーザー計測は地球を測定する方法として非常に重要なものとなっており、地形図の作成を始めとして様々な地球環境の変化を管理する上でも重要な手段となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *