航空レーザー計測と地形表現方法について

航空レーザー計測は3次元の点群データを取得するための手法です。

航空レーザー計測で3方向のXYZ点群データは3次元データであり、地形表現方法の一つでもある、数値表層モデル(DSM)を作成する時に利用されます。数値表層モデルは防災や都市計画などをはじめ、道路・森林・砂防・河川、農業など様々な分野で利活用が行われています。砂浜の海岸は潮回りなどに応じて海岸の砂が減少する、やがて砂浜の海岸がなくなるケースもあります。これは自然が作り出すことであり、人間は自然が行うことに無抵抗です。

しかし、沖合に防波堤を設ける、砂防を行うことは海岸を維持することに繋がります。砂防は海岸をはじめ、山地や川岸などの土砂崩れ、砂や土などの移動を防ぐことを意味します。大雨が降ると山や谷が崩れる、土砂災害を引き起こすことになります。台風の時などは大雨が降るケースが多く、山や谷が崩れることで起きることで大量の土砂や流木が水と混ざり、もの凄い勢いで麓に流れる、人為的な被害を与えることも少なくありません。

砂防は将来的にリスクを持つ場所で行われること、災害を未然に防ぐために行われています。具体的な砂防は航空レーザー計測で得た点群データを数値表層モデルにする、地形表現を用いて砂防事業に役立てられます。森林の伐採計画や河川の状況把握なども航空レーザー計測で得た情報を基に計画が行われる、道路や農業などの分野でも情報が役立てられているなど、多方面での利用が行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *