航空レーザー計測で問題になる点とは何か

上空を飛行するセスナ機やヘリコプターを使って行う航空レーザー計測は、広範囲の情報を一度に多く得ることが可能になるため、広域地図を製作する時などに役立てられていると言います。

航空レーザー計測はレーザーパルスを地表目がけて照射する、地表表面で反射して航空機に戻る時間を計算して地形図を作り上げる仕組みを持ちます。しかし、都心部には高層ビルが建ち立ち並ぶ、自然が多いエリアは大小様々な木が生い茂るなど、レーザーパルスは地表に届かずに障害物で反射することになります。

本来、数メートル下に地表面があっても、途中で反射して来るので正確な位置を掴むことが出来ません。これを回避する方法として強弱に関係なく反射パルスを連続的に取得することが出来るのがフルウェーブフォームディグナイザーと呼ぶ波形記録装置です。弱い反射パルスは途中で消えてしまい、情報を得ることが出来ない、強い反射パルスだけの情報では正確な航空レーザー計測が出来ませんが、波形記録装置は弱い反射パルスも情報として得ることが可能と言います。

これにより、より多くの情報でもある反射パルスを取り入れることが可能になります。しかし、この情報だけではビルや樹木などの地物の情報が混在しているので、3次元計測データを作成する必要があります。3次元計測データは地表面や地物の面形状を高密度、かつ高精度に計測した情報を立体的に作り出すもの、さらにデータをフィルタリングを行って地表面のデータを作り出すことが出来るようになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *