航空レーザー計測のメリット

航空レーザー計測は、航空機に搭載したレーザー測距儀によって地上までの距離を測る技術です。

原理はレーザー測距儀から放射されるレーザー光が地上に到達し、反射波として戻ってくるときの時間差を使って距離を求めると言うものです。航空機を利用した測量では、空中写真測量がありますが、夜間でも測量できることや植物の葉を透過することから地形のデータを詳細に取得することができると言う点で航空レーザー計測の方が優れていると言えます。

測量時には同時に行うことができるので、空中写真測量も併用していることがほとんどです。撮影した空中写真は、測定点の状況を確認する時にも役に立ちます。航空レーザー計測を行う時にはGPSシステムによって位置情報を取得します。実際の測量はGNSSとIMUと言う技術も不可欠です。GNSSは、地上にある電子基準点から航空機の三次元座標を知る技術です。IMUは慣性計測装置のことで、ジャイロを改良して作られた、飛行機の姿勢や加速度を測ることができる装置です。

この測定値がないとレーザー光の照射方向が正確に分からなくなったり、誤差を補正することができなくなります。この3つの技術によって、詳細な地形データを広範囲に効率よく取得することができます。地上から行う測量とは比べられないほど広い範囲を短時間に取得できることがメリットの一つです。特に移動手段がないような場所でも測量できるので負担が少なくて済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *