航空レーザー計測は地形を効果的に測定する手段です

地形を詳細に測定する方法として従来は人や自動車で実際に現場を歩いて測定したり、現場に測定機器を持ち込んでその高低差を測定するというのが一般的な手法でした。

しかしこの方法の場合には人件費を含めて多額の費用と時間がかかってしまうことが多く、これを利用する様々なものに対して多額の負担を強いるものとなっていた現実があります。従来の地図やその他の地形情報が非常に高額な価格で販売されているのはそのためで、情報を利用する側にとっては大きな課題となっていました。航空レーザー計測はこれらの地形を測定するための方法に関する常識を大きく打ち破った方法として非常に注目されています。

従来は地形の概要しかとらえることができなかった航空機での測定において、レーザーを照射しその反射を分析することで高速で移動しながら詳細の地形を把握することができこれをデータ化することができるため従来の人や測定機器を持ち込んで測定した場合と遜色ない精度の高い地形の情報を得ることができるものとなっているのです。さらに航空レーザー計測は高速で移動し詳細なデータを測定することができることから、迅速に多くの地形情報を取得することができ情報の取得効率が格段に向上します。

これらの情報を利用する様々なものについてもその効率の影響が反映され、地図の価格が低くなったり、無償で利用できる情報が非常に増えることから効率的な利用が促進されることとなっているのです。航空レーザー計測はこれまでの地球情報の測定における様々な常識を覆したものとして高く評価されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *