最近の空撮のコストが大幅にダウンした理由とは

空撮と言えば以前はヘリコプターや飛行機などで行われる撮影方法でした。

既存の方法に比べてコストが高いのがネックでした。辺り一面を広く鳥瞰で記録出来るのがメリットですが、コストパフォーマンスが悪く本当は空撮を依頼したいけれど、先立つものがなくて依頼を断念する人々もいらっしゃいます。

近年の空撮はコストパフォーマンスが非常に高くなりました。普通に個人や中小企業でも気軽に依頼可能です。

費用対効果が突然良くなった理由ですが、とてもシンプルです。

今までは飛行機やヘリコプターが主流でしたが、この頃はドローンへの切り替えが進んできました。

飛行機やヘリコプターのデメリットは燃料費が高い点です。

加えて操縦士は当然プロフェッショナルの方々ですので、彼らの人件費も高くなります。

一方でドローンですが、こちらも専門のオペレーターが必須なのは同じです。

しかしスタッフの人件費は安価であり、燃料費は既存の物に比べて格安であり、いわゆる手続きなども簡略化されているため、空撮が以前の半額以下の水準で出来ます。

もちろん最終的なコストはケースバイケースですが、確実に以前の物よりは安価であり、過去に断念した方も再検討の余地があります。

辺り一面を広くカメラで撮影する事ができ、ヘリコプターや飛行機とは違い小型のドローンは非常に小回りが利きます。

複雑な地形やヘリポートなどが無い郊外の地域でも、タフに空撮を済ませられます。

360度の自由な角度から撮影出来るのも利点であり、普通の撮影では確認できないスポットもドローンなら楽々です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *