ドローン空撮サービスの登場とメリット

ドローン空撮と呼ばれる新しいサービスが登場しました。

文字通りドローンを使った空撮をしてくれるサービスであり、メリットは手ごろなコストで俯瞰の画像が得られる点です。

今まで辺り一面を撮影する画像を得るためには、飛行機を借りる必要がありました。

事前の手続きが複雑で、スケジュールの調整はシビアでした。

加えてガソリン代が高く、専門のパイロットを雇う事もあり、一度の空撮で膨大なコストが掛かりましたが、ドローン版ならコストは激安です。

しかも空中をありとあらゆる角度と方向に飛ぶことが出来ます。

これは飛行機やヘリコプターにはできない芸当です。

障害物が多い場所でもドローンなら楽々と飛行可能です。

飛行機やヘリコプターは広大な大地を飛ぶ事は大得意ですが、ビル街のような都心部は障害物が多く、小回りが利き辛いため苦手となります。

ドローンは無人の機械であり、自由に空中を移動できるため、ビルのメンテナンス作業に使えたり、マンションの劣化を調べたり、人の手では撮影出来ない芸術的な都心部の鳥瞰画像が得られます。

ビルのメンテナンスを進める上で先ず大事なのは、問題個所がどうなっているかを確認する事です。

作業員が梯子や命綱で高所まで登るのも良いアイデアですが、事故が起きるリスクも高いです。

一方でドローンならオペレーターが機械を遠隔操作するだけで、見たい部分を安全にチェックでき、工事のリスクやコストを大幅に削減できます。

依頼も既存の空撮サービスに比べて安価なのが長所です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *