空撮に適したドローンの選び方

ドローンを使用した空撮で重要になるのが、ドローン本体の安定性や機能性と、搭載されているカメラの機能などです。

その他にもバッテリーの容量やサイズなどの選び方もありますが、基本的には機体に安定性やカメラの性能が重要になります。

空撮用のドローンにはいくつかの選び方があり、正しい方法で選べばきれいな映像を撮影することも可能です。

上空へドローンを飛ばすことになると強風などに煽られて、機体が大きく揺れてしまったり小刻みに揺れることで、映像が乱れてしまうことが多いです。

ドローンは基本的にプロペラの枚数が多くなるほど、飛行させた際の安定性が向上しやすくなります。

多く流通しているものだとプロペラが3枚のものなどがあり、3枚のプロペラでも十分な安定性があります。

しかし高高度での飛行を行う際や激しい飛行を行う際には、プロペラが3枚以上搭載されているモデルの方が望ましいです。

空撮で重要になるのがカメラの性能で、カメラの性能が低いものだと、低解像度でしか撮影できない場合があります。

基本的な解像度の種類にはHD画質やフルHD画質や4K画質などがあります。HD画質は最も解像度が低く全体的に粗い映像になってしまいます。

フルHDは一般的な解像度とされていて、大抵の場合であれば映像に粗さなどが出ず、きれいな映像を撮影できます。

4K画質は空撮用のドローンの中でもトップクラスの解像度で、細かい部分まで繊細な仕上がりの映像になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *