空撮には色々な手段があります

空撮には3つの方法があります。

一つ目の方法ですが、人工衛星を活用した空撮方法です。これは主にお天気の様子を調べるのに使われています。

人工衛星のカメラなら広く地球全体を俯瞰する事が可能です。

近年多発する自然災害、その動向を正しく確認するためには、雲の様子をリアルタイムで監視しなければなりません。

かつては天気予報の精度が悪く、当たりはずれが激しかったです。

近年ではカメラの技術や分析する専門家の技量がアップし、また科学技術の進歩も手伝って非常に高精度な天気予報が実現しました。

ゲリラ豪雨などの予測が難しい異常気象も今では科学技術の進化によって、かなり確度が上がってきています。

2つめの空撮の方法ですが、ヘリコプターや飛行機を用いた手段です。

地球全体の様子ではなく、範囲が町全体であれば、こちらの方が撮影方法としてて最適です。

ヘリコプターや飛行機から俯瞰で辺り一面を撮影すれば、地理や環境の調査が捗ります。

人の足では行きづらい場所も空撮なら安心安全、データで映像や写真が高品質に保存可能です。

3つめの方法ですが、これは近年新しく追加された物で、ドローンによる空撮となります。UFOのように自由自在に空中を飛び回れます。

他の方法に比べると低空、近距離でしか撮影が出来ません。

しかし少ないコストで、建物や辺り一面の様子を撮影する事が出来るため、新しいサービスではありますが既に、世間一般で広く使われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *