空撮について理解しよう

空撮というのは、文字通り空から対象を撮影することです。

よく災害中継などで被害状況を街の上空から映すというのがそうです。

報道の墓にも、映画やドラマにおけるカーチェイスの場面・ビルの爆発等、アクション場面の撮影など、全体をカメラに収めたい場合に使われています。

空撮の仕方は、主にカメラマンがカメラを担いでヘリコプターなどの航空機に乗り込み、対象を撮影することになります。

カメラマンが担ぐと、搭乗した乗り物やカメラマン自身の動きで振動し画面が乱れるという問題が発生します。

そのため、振動を極力抑えるための器具が使われています。

それでも振動が治まらない場合は、スタビライザーカメラを使った撮影が行われるなどの対策が採られています。

通常、航空機を使った撮影となるので、その運行は航空機会社が担当することになっていますが、会社によっては自社で航空機を管理しているところもあります。

最近ではドローンが開発され、空撮技術はさらに進化しています。

ドローンが開発されたことにより報道機関や映画関係者もちろん一般の人々も気軽に空撮を行うことが可能となりました。

私生活の記録や祭りの記録など、幅広く空撮を行えるようになったのです。

しかしそれに伴い、重要施設の敷地への侵入や、墜落などの事故・事件が発生しています。

これはドローン操作について知識も技能もそれほど持たない一般の人びとが扱うことができるようになった代償であると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *