空撮をする時に注意すべき点

飛行機やヘリコプター、もしくはドローンなどを使って空撮を行なう場合に、注意しておきたい点が幾つかあります。

その一つは、飛行禁止の場所がどこかを見定めておくということです。

例えば、空港周辺や他人の民有地、また電波干渉がある場所では空撮を控えるべきだとされています。

さらに、悪天候の場合は機体の故障や思わぬ事故と言った問題を招きかねないため、空撮をすべきではないでしょう。

また、山に所有者がいるような場合は注意が必要です。

所有者を確認するためには、各市町村や団体に連絡してみることができます。

トラブルを避けるためにも、所有者のいる山での飛行には十分な注意を払うべきであると言われています。

さらに空撮を行なう場合は、万が一墜落してしまった場合のことも考えておくのはよいことです。

仮に他人の敷地に墜落させてしまったならば、必ず速やかに回収するようにします。

回収せずそのままの状態で放置してしまうと、二次災害のリスクが高まったり産業廃棄物の不法投棄の対象となったりする可能性があるため、十分な注意が必要です。

加えて、空撮をする場合には風や高度、また視認などにも注意したいものです。

例えば、風の向きや強さに注意し、上空で強い風が吹いているような場合は低空飛行を心がけることができます。

高度に関しても、高度を上げ過ぎると制御不能になってしまう場合があるため、規制高度を越えないようにすることが大切でしょう。

こうした点に注意しながら安全な撮影を行ないたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *