携帯電話メッセージでMMSを使うには

MMSとは「マルチメディアメッセージングサービス」の略で、携帯電話でのメッセージのやり取りを行う際に使用するアプリケーションです。

よく混同されがちなサービスとして「ショートメッセージサービス(SMS)」があり、同じメッセージを送受信できるサービスではありますが、両方を使ってみると違いがわかります。SMSは、お互いの電話番号宛に短い文章を送受信することができます。

電話番号さえ知っていれば送信でき、用件だけのやり取りなどに使う場合は手軽です。しかし、画像やデータファイルの送信はできないので文字だけでメールをすることになり、さらに機種や携帯電話会社によって字数制限があり、比較的短めに設定されています。

これに対してMMSは携帯電話会社独自のメールアドレスを使用し、長文や写真つきのメッセージを送受信できるものです。こちらも機種や携帯電話会社によってそれぞれ送受信できるデータ容量のサイズの上限が決められていますが、通常のメッセージのやり取りならば問題はないでしょう。

この二つのメッセージサービスの共通点は、通常のメールサービスとは異なり、チャット形式の画面でメッセージをやり取りすることです。大手携帯会社では専用のメールアドレスを取得することができるので、MMSも利用可能です。

しかし、格安SIMを提供しているMVNO会社の多くは、メールの送受信はフリーメールの利用を前提としているため、MMS機能を提供していません。携帯会社を変える際には、使い勝手に微妙な違いが出てくるので、この点も考慮に入れるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *