ドローンと組み合わせたMMSの活用

MMSは、車にGPSや3次元レーザ計測機やデジタルカメラを組み合わせて、道路周辺の地図データや構造データを取得するシステムです。

一般的にMMSを使った計測を行う場合には、車に搭載して目的のエリアを走行してデータを取得するという方法が用いられます。構造物の正確な位置を短時間でデータとして取得する事で、構造物をどのようにメンテナンスしたり、建て替えたりするのかという検討材料に使えます。

近年ではドローンと呼ばれる無人航空機が流行っており、企業においてもドローンを使ったプロジェクトが試行錯誤されています。ドローンにMMSを搭載する事で、上空からの構造物や道路周辺のデータを取得する事ができ、車載で得たデータとは違った形のアプローチを行えます。

様々な方向からデータを得ていく事で、道路側から得たデータとは異なった角度から検討していく事が出来ます。また、正しい地図情報を知るには、上空からの航空写真を利用してパソコンなどで分析していくのが効果的です。

MMSを使ったプロジェクトが浸透していく事で、地図コンテンツを充実させたり、道路周辺情報を纏めたり、現在の構造物の位置を把握して、そのエリアの再開発を行う際にどのようなプランを立てれば良いのかを検討する事が出来ます。

ドローンは車とは違って航空写真を撮影する事が出来るのが利点です。この利点を最大限に活用してMMSを搭載する事で、上空からの地形データを得られ、企業が推進するプロジェクトに活かす事が出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *