MMSによる地形データの取得と活用

企業がプロジェクトにおいて、正確な地形データを必要とする場合には、MMSと呼ばれる三次元座標データと連続写真を取得するシステムを使います。

このシステムを導入する事で、正確な地形データや構造物の位置、トンネルなどの道路に関連する物の状態を連続写真や三次元座標データより得られる事になります。道路の維持管理をしているプロジェクトの場合、広範囲でデータを取得する必要がありますので、短時間で膨大なデータを取得するにはMMSを使わなければ実現出来ません。

MMSは車の搭載して使うのが一般的ですが、ドローンに搭載して上空から地形データを得るといった事にも使えます。その為、MMSが活用出来るシーンは大幅に増えており、道路周辺情報の他に、地形データを取得して、より正確に道路周辺情報や建築物の位置情報などを分析していく事が可能です。

道路維持管理業務は効率化が不可欠になってきています。業務の効率化を行うには、広いエリアで自動的にデータを取得出来るシステムの導入が重要です。MMSはそのような企業のニーズに応えてくれるシステムであり、開発メーカーはより正確で迅速に分析が行えるようにシステムの開発を続けています。

システムの導入を考えているのであれば、実績があるメーカーの製品を導入するのが有効であり、高い精度を要求される道路管理業務では尚更です。取得したデータで、道路や建造物の現在の状況を把握し、スムーズにメンテナンスが行える事を目指していくのに役立つシステムでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *