携帯電話でのメールサービスの一つにMMSがあります

携帯電話でメールをするときは、マルチメディアメッセージングサービスのMMSとショートメッセージサービスのSMSの二つの方法が用意されています。

MMSは携帯電話会社独自のメールアドレスを利用して、ボリュームのある文章や写真添付可能なメールを送ることができるサービスです。これに対して、携帯電話番号宛てに、短い文章を送信できるサービスがSMSに当たります。SMSは、ドコモやau、ソフトバンクなどもちろん、格安SIMのMVNO会社であっても利用することが可能となっています。

ただし、画像やファイルを添付しての送信はできません。さらに文字数は全角70文字前後と非常に限定されております。簡単な用件を伝えたいときには便利な方法として重宝されています。なお、格安SIMを提供しているMVNO会社ではMMSを提供していないところが多いです。

というのは、MMSはキャリア専用のメールアドレスを使って送信するサービスですから、格安SIMではMMSが使えないのが通例になっています。格安SIMではフリーメールを利用するのが前提となっておりますので、キャリア専用のメールアドレスは提供されていないのです。

料金面のメリットから格安SIMに乗り換える人が目立ちますが、頻繁にメールのやりとりをしている人たちがどういった連絡手法をとっているのか、乗り換え前に確認するのを忘れてはいけません。あるいは、最近はLINEやFacebookなどを使って連絡を取り合っている人も目立ってきました。また、フリーメールであっても画像やファイルの送信はできますので、これを使うという方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *