SMS / MMS / iMessageの違いとは?

iPhoneのメッセージアプリでは、SMS/MMS/iMessageの3種類のメッセージを送ることができます。

普段あまり意識しないこれらのメッセージ種別ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?SMSは、ショートメッセージサービスの略で、携帯電話番号を元にメッセージをやり取りする場合に利用します。

人によってはCメールといったほうがなじみがあるかもしれません。SMSは「ショート」とついているように、短文のみで、画像も送ることができませんが、電話番号さえ知っていれば送信できるので、簡単なやり取りをする場合にはとても便利です。電話番号認証をする場合にも利用したりします。

MMSは、マルチメディアメッセージングサービスの略で、auだと「@ezweb.ne.jp」、softbankだと「@softbank.ne.jp」のようなメールアドレスを使って送信するメールです。ちなみにドコモの場合は利用できません。

いわゆるキャリアメールを送信できるので、キャリアメールが必要な場合はこのMMSを使ってメールを送信することになります。SMSと違い、画像の添付や長いメッセージも送信可能です。

最後にiMessageですが、これはiPhoneどうしでメッセージを送信するのに利用します。iPhone同士だとiMessageを使えばLINEのように入力状態や既読がわかったりするため便利です。相手がAndroidの場合は使えないので、SMSやMMS、あるいはLINEなどのアプリを使ってやりとりしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *