モービルマッピングの特徴

モービルマッピングとは、主に道路そのものや道路周辺の建物などの地形情報を効率的に把握するために用いられる方法の一つです。

もちろん地図作成のために用いることができますし、精度的には数センチメートル単位の細かさで把握することができますので、例えば道路の窪みや轍まで捉えることもでき、道路の保守管理といった目的でも利用することができます。

モービルマッピングの心臓となる装置はレーザーです。レーザーを周囲に照射してその反射を捉えることにより、周囲の状況を細かく情報化することができるわけです。もちろん情報は三次元情報として記録されます。装置の絶対的な位置はGPSを利用しますので、これだけの高い精度で情報を得ることができるのがモービルマッピングの最大の特徴となっています。

道路そのものや道路周辺の建物、地形情報を把握するには非常に向いている方法ですが、装置全体を車両に搭載して作動させる以上、道路から離れた場所の情報を把握する目的には向いていません。

また、道路周辺であっても、レーザーを用いる以上は、レーザーが反射した物の裏手に何があるのかまでを把握することはできません。このような目的のためには同じレーザーを用いる方法であっても装置全体を例えばセスナ機とかヘリコプターに搭載して上空から地形情報をスキャンするような方法が考えられます。これらを組み合わせることで目的にあった情報を的確に得ることができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *