最近のモービルマッピング

モービルマッピングというのを聞いたことがあるでしょうか。

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、モービルマッピングというのは、種々の計測装置を搭載した自動車を走らせて地図を作成することを指します。自動車にGPS装置を搭載し、記録を取りながら走らせれば、道路がどのように走っているのかを記録することができます。これは非常に分かりやすい仕組みではあるでしょうが、この目的だけであればわざわざこのような方法を取る必要はありません。

というのも、道路がどのように走っているかを把握するためだけであれば、飛行機から地上の写真を撮影するだけで済むことだからです。これだと一瞬で広範囲の情報を把握することができます。自動車だと道という道を縦横無尽に走らないことには全ての道路情報を把握することができませんが、上空からですと一瞬です。しかも、自動車が入れないような細い道であっても解像度さえ上げれば把握することが可能ですし、道路以外の地形情報も得ることができます。

モービルマッピングの利点は、このように地図を作成できることにもありますが、それ以上に、道路周辺の情報を航空測量では得られないくらいに高精度で、かつ3D情報として得ることができる点にあります。精度としてはセンチメートル単位で得ることができますし、航空測量では基本的に2D情報しか得ることができないのに対して3D情報を得ることができるのが大きな特徴となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *