モービルマッピングの道路情報の活用

モービルマッピングは、車にレーザースキャナーと各種のカメラを搭載して走行することで道路路面の点描データとGPSの位置情報を活用して道路の3次元計測をすることを目的に開発された技術です。

道路周辺の画像をデータとしてマッチングさせることで3Dの道路情報を入手するのです。走行時に取得したデータを解析することで道路路面の状態を管理します。交通を停止して補修を行っていた作業の元データとして活用できますから、道路の維持管理は大幅に効率化することができるのです。

高度経済成長の時代に造られた道路施設などは老朽化が進んでおり補修や付け替えが必要になっています。安全管理の面でも作業を急ぐ必要があります。中央自動車道のトンネル崩落事故は、そのあらわれの一現象だと言われています。社会インフラのライフサイクルコストは最適化される必要があります。

緊急性を要するところから早めの手当てが必要になります。このような目的に基づいてモービルマッピングの開発が進められたのです。データ収集によって道路情報は蓄積されていくことになります。道路台帳や地図の製作の元データとして活用されています。モービルマッピングで蓄積されたビッグデータが、今注目されています。最近実用化の動きが出てきた自動運転への活用です。

運転手がいらないAIが操作する自動車の走行には、ビッグデータを取り込んで活用することが必要だからです。後1歩で公道を自動運転カーが運行されるようになるでしょう。前提になるのは道路情報の整備とデジタルデータになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *