モービルマッピングのシステム

モービルマッピングのシステムは、まさにシステムと呼ぶにふさわしい複数の装置の組み合わせとなっています。

それぞれの装置から得られた情報を総合することでモービルマッピングは機能するようになっているわけです。どのようなシステム構成になっているのかと言えば、まずはGPSが挙げられます。GPSにより車両の位置を正確に把握することが起点となります。

ただ、GPSは確かに高精度ではあるものの、常に電波状態が良いとは限りません。そのため、モービルマッピングシステムではGPSを補完するための装置もあります。

IMUと呼ばれる装置で、これは要するに3Dジャイロセンサーです。車両に発生した加速度を立体的に捉え、積分計算により初期位置からの移動方向や移動量を得ることでGPSを補完することができます。トンネル内などであっても問題はありません。

あるいは、オドメーターも補完機器として活用されています。要するにタイヤの回転数を計測することで同じように初期位置からの移動量を把握するわけです。加速度はキャッチできませんから移動方向は分かりませんが、移動量だけであればIMUよりも高精度で情報を把握することができます。これらGPS、IMU、オドメーターによって車両の位置を正確に把握した上で、周辺の情報を車載カメラ、レーザースキャナーにより計測して把握することでマッピングを完成させていくというのがこのシステムの概要となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *