モービルマッピング装置

モービルマッピング装置とは、GPSのアンテナ、カメラ、レーザースキャナーなどの計測装置一式をそれを統括制御するコンピューターとともに一台の車両に搭載し、走行させながら道路状況や周辺の建物などの三次元位置情報を高い精度で得ることのできる装置を指します。

精度の高さは特筆すべきもので、数センチメートルといった細かさで把握することが可能です。道路の細かい凹凸とか、傾斜などまで把握できますし、道路付属物では例えば信号機、道路標識、ガードレール、歩道との境にある縁石などを把握することも十分に可能です。

このような高い精度から、モービルマッピング装置は単なる地図作成のためだけでなく、道路や道路付属物の保守管理の目的でも利用されるシーンが増えています。

装置は確かに複数の機器の組み合わせである複雑なものですが、全体としては車両上部に搭載できるようなもので、車内に置かれるのはせいぜい制御用コンピューター1台だけということもあります。モービルマッピング装置はもちろん電気が必要ですが、これも専用のバッテリーや発電装置などを持ち込む必要はありません。全体としても車両のシガレットソケットからの電源で十分に賄える程度です。

そのため、車両のトランクルームを装置が占有してしまうようなこともありません。このようなことから、メンテナンスについても比較的行いやすくなっており、必要に応じて別の車両に搭載し直すようなことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *