モービルマッピングについて

「モービルマッピングシステム」とは、3次元レーザ計測機とデジタルカメラを用いて、道路とその周辺の3次元座標データおよび連続映像を取得する車両搭載型計測装置です。

このシステムを活用すれば、街道の維持や管理の仕事を効率化・高度化させる事が可能です。また、社会インフラのコストを抑えて、自動運転車に不可欠となるダイナミックマップ構築をアシストします。モービルマッピングは、街道の現場調査にも利用出来ます。

例えば、道路台帳や地形図を数値図化し、高効率・低コストでの3次元データ取得が可能です。また、現地の業務で必要な道路占用時間も減らせる上に、精度の高い現況把握を実現します。

さらに、得られた道路の映像と3次元点群データより地図のベースとなる道路敷・道路骨格データを縮尺1/500の高い精度で作成出来ます。

他には、モービルマッピングを用いて道路の施設台帳および付属物を3次元データ化して維持管理に役立てる事も可能です。詳細な位置特定が難しい路面表示や照明・電柱・ガードレール・遮音壁・マンホール・看板・道路標識・道路情報管理施設などの街道にある付属物をモービルマッピングシステムで得られた周辺環境の街道映像と3次元点群データから正確に判定し、より確かな位置情報として取得出来ます。

さらに、モービルマッピングシステムで得られた路面表示や道路付属物を道路データベース化し、道路インフラを総括的に維持管理するシステム構築が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *