モービルマッピングシステムの概要と将来性

モービルマッピングシステムは走行しながら計測をすることを目的に開発されました。

測量は、それまで通行を停止して測量機器を地面に設置して行ってきました。3台のGPE・IMU・オドメーターにより車輛の位置・姿勢を高精度でとらえることで、それに同期させたレーザースキャナーとカメラを搭載し、走行すると同時に道路面と道路周辺の3次元情報を効率的に取得できるシステムになります。

モービルマッピングは、これらを走り続けて道路のデータ蓄積を行っていきます。高精度な計測ができるだけでなく、取り込んだ画像を色々な目的で活用することができるようになります。地図を製作する上では、公共測量に利用できることが認められ地図の製作に大幅に活躍することが期待されています。

時速20㎞から80㎞までの計測が可能になるので高速道路上の計測が可能という結果がでています。GPS補正処理をすることもできます。測位処理や3次元か処理・認識処理ができるので道路周辺の地物の位置などを確認できます。このようにモービルマッピングは、未来に向けた計測処理をこなすことができるのです。

ガードレール・マンホールなどの道路周辺の3次元位置情報を収集して、高精度で効率的に取得することに成功しました。取得したデータを3次元情報として活用できるのも大きな進化になります。今までできなかったことを点群データの取得から後処理・データ保存によるデータ活用まで展開していける応用の幅が広いのが将来性として希望の持てる技術になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *