ジェットヘリの原理と推進力について

最近、ジェットヘリが話題になっています。

通常のヘリコプターとどのような違いがあるかと言うと、ジェットエンジンを搭載している点にあります。通常のヘリコプターはレシプロエンジンと呼ばれるガソリンや軽油などで動力を発生する自動車と同じようなエンジンを搭載していますが、ジェットヘリはジェット機などに搭載されるガスタービン式のエンジンを搭載している点が大きな違いになります。

ただし、飛行機の場合にはジェットエンジンにおいて放出される空気の推進力を利用して飛行するのに対し、ジェットヘリの場合にはメインローターを回転させる動力としてジェットエンジンを使用している点に大きな違いがあります。ジェット機のようにエンジンそのものが放出する空気を利用しているのではなく、あくまでもヘリコプターと同じようにローターを回転させて推進している店では通常のヘリコプターと構造的に大きな違いはありません。

ジェットヘリの場合にはエンジンの出力が大きいため、非常に推進力が強く高速で飛行できると言う特徴があります。さらに浮力が強いためホバリングなどのテクニックも比較的行いやすいのが利点ですが、地表付近でホバリングを行う際にはその風圧が強くバランスを崩してしまうこともあるので操縦する際には十分な注意が必要です。また、ジェットエンジンは燃料の消費が激しいため、長距離の飛行は苦手な傾向にあります。飛行する前に燃料の残量を確実にチェックしてから施行するようにしないと墜落などの恐れがあるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *