ドクターヘリには重要な役割があります

ヘリコプターを利用した救急医療活動は世界で行われていて、一般にはドクターヘリと呼ばれています。

日本では医師や看護師などがヘリコプターに乗り、患者のもとに駆けつけるのが一般的です。ドクターヘリはさまざまな医療機器を装備していて、医薬品を搭載しています。ヘリコプターを使って病院の敷地に待機し、出動要請がされると医師や看護師が乗り数分以内には離陸し現場に向かうことが可能です。ドクターヘリは患者の側に着陸し怪我人や急病の人を治療したり、それぞれの病状に適した医療を行うことができます。

病院などの施設に患者を搬送するシステムで、救急車のように患者を搬送する任務だけではありません。医師と看護師といった医療スタッフをスピーディに救急現場に送りこむことが重要です。治療開始を速くすることができ、重体の患者の命を取りとめることができたり、治癒するまでの時間を短縮できます。地上救急と比較すると救命率が3割以上向上すると言われていて、完全に治り社会復帰できた人は1.5倍になるそうです。

いろいろなメリットのあるドクターヘリですが、全国的に普及しているとは言えません。いろいろな理由がありますが、1機に対して年間2億円の運営費がかかったり、ヘリを着陸させる施設も必要です。患者個人に負担がかかることはありませんが、国や自治体などが負担しているので財政的にも大変です。負担金をどうやって捻出するか、ドクターヘリの普及のポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *