ドクターヘリはどんな役割をこなすもの?

緊急の出動要請があれば専門の医療チームがヘリに乗って現場へ駆けつける、それがドクターヘリです。

日本では専用のヘリコプターに乗って医師が患者の元へと駆けつけるという意味を込めてドクターヘリと名づけられています。人気ドラマでその存在が広く知られるようになり、ドクターヘリのスタッフになりたいという将来の夢を思い描く子供もいるくらい、憧れと尊敬のまなざしを向けられる存在となっています。

ドクターヘリの基本的な役割は医療機器を装備して医薬品を搭載したヘリコプターを使って病院に待機しており、出動要請があれば速やかに医師と看護師が搭乗して数分以内に離陸して緊急現場へと向かうというものです。現場に到着するや否やその場でけが人や急病人などの治療に当たり、すぐさま病状に合った医療施設へと搬送するのがそのシステムの特徴です。この点が救急車との大きな違いで、患者を搬送するだけでなく医師や看護師などの医療スタッフを素早く現場へと送り込むことがその最も重要な役目です。

救急車に比べて現場に到着するまでの時間がはるかに短時間で済むことから救命率は飛躍的向上し、緊急医療の向上に大きく貢献している存在です。そんな大切な役割をこなすドクターヘリですが、運営に莫大な費用が発生することから全国でも限られた病院にしか配備されていません。優れた救命効果を発揮する存在ですが、配備を充実させるためには国と自治体とが費用を負担するため、その負担金をどうやって捻出するか普及のカギになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *