いろいろな現場で活躍するドクターヘリ

ドクターヘリは救急医療用ヘリコプターのことで、医療機器を装備しており救急医療の専門医や看護師が搭乗します。

救命現場にかけつけ医療を行う専用ヘリです。急病や事故などが発生した場合、消防機関から出動要請があり、スピーディに救急現場などに駆けつけることが可能です。患者に初期治療を行うことによって命を取り留めることができ、高度な医療機関に搬送することができます。ドクターヘリにはいろいろなメリットがあり、導入されたことによって救急医療を専門にする医者や看護師がいち早く駆けつけられるようになりました。

初期治療をスタートすることが可能になり、結果的に救急搬送時間を短縮することができるので、救命率が向上したり患者の後遺症を軽減することができるでそう。ドクターヘリにはいろいろな特徴がありますが、一般的に医科大学の附属病院といった大規模病院に設置されていることが多く、機内の搭乗人員は5~6人乗ることが出来、操縦士や副操縦士、医師や看護師が1人ずつ、そして患者と付き添いの人が搭乗することが可能です。

だいたい時速200キロ~250キロで飛行することができ、車ではかなり時間がかかる距離も数分で移動することができます。尚、天候が悪かったり夜間は飛行することができず、着陸する場所を確保しなければいけません。ドクターヘリの機内は人工呼吸器や患者監視モニター、除細動器や超音波診断装置といった治療に必要な機器や薬品などが常に搭載されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *