モービルマッピングシステムとは何か

モービルマッピングシステム、なかなか耳慣れない言葉ですが、これは最新のテクノロジーの一般人向け利用の最たるものと言えます。

その代表例が、今や日常的に使われるようになったオンライン上の地図システムです。オンライン地図には、搭載されている場所の風景や周りの建物などをあたかもその場所にいるかのように見ることのできる機能がありますが、その作成を担っているのがモービルマッピングシステムです。特殊な測定用装置やカメラを搭載した車を走らせ、それによって撮影された画像をつなぎ合わせることでああいった臨場感溢れる風景を映し出すことができるのです。

これにより従来の平面地図では分からなかった道の太さや坂道の上り具合などが一目瞭然になり、観光旅行や出張前の事前リサーチが格段にしやすくなったことは言うまでもありません。また、モービルマッピングシステムは立体的な地図の作成だけでなく、更なる未来のテクノロジーの実現に向けて運用試験が開始されています。

すなわち、自動運転システムです。自動運転に際しては前後の車や対向車線の様子だけでなく、目視でも見逃しがちな標識などをリアルタイムで認識しつつコントロールする必要があることから長らく実現ははるか未来になるだろうと言われていたのですが、モービルマッピングシステムの実用化以降急速に実現可能性が高まり、一部のメーカーでは高速道路などの運転が比較的容易な場所に限定してすでに運転試験を開始していると言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *