モービルマッピングの将来性

近年モービルマッピングは飛躍的な進歩を遂げており、その精度だけでなく正確な測量を実現するものとして非常に注目されています。

これまで航空測量や人手による測量が非常に重要な要素となっており、モービルマッピングはその付加的な意味合いが強かったのですが、近年では単独で十分な情報を得られるまでに進歩しています。モービルマッピングの精度を高める上で非常に重要な要素となっているのはGPSの精度の向上とレーザー測量の精度の向上です。GPSの精度は従来は強さが10メートルぐらいあったものですが、現在では条件が良ければ3センチ程度までに向上されており、その情報は正確な位置を示すのに重要なものとなっています。

航空測量における精度は測量行う飛行機の速度やカメラの性能などに大きく影響されるため、現在のGPSの精度はこれをはるかにしのぐ高いものとなっているのです。またレーザー測量の精度の向上も様に大きな要因となっており、自動車の走行する速度に関しては高い制度を生み出す非常に良い条件となっている点も重要な要素となっています。

レーザー測量は航空測量でもよく使用される方法ですが、この場合にも飛行機の速度やその高度に大きな影響を受けるため、地表を走行する自動車によるモービルマッピングとの相性が非常に良いのです。これらの条件によりこれまでの様々な測量方法に比べて現代のモービルマッピングは上に高い制度を生み出すものとなっています。また最近では同社の自動運転技術も向上しており、将来的には無人で自動的に測量を行う方法が生み出され、迅速に効果的な測量が実現する可能性も増えているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *