IT通信関連技術を使ったモービルマッピングシステム

IT通信関連技術を使ったものはさまざまなものが登場しており、その登場以前よりも生活や仕事を便利にしてくれています。

そのIT通信関連技術を用いたもののひとつがモービルマッピングシステムです。モービルマッピングシステムは自動車にカメラ、レーザー測量機、GPS受信機などを搭載し移動しながら測量を行うもので、それまでの人力による測量作業と異なり効率よく行うことができます。モービルマッピングシステムといっても、その目的によって変わってきます。基本的には360度カメラなど高角度の撮影を行って映像データを取得し、同時にレーザー測量機を連続的に作動させることで地形データを記録します。

それらの位置情報はGPS受信機を用いて行い、これにより高精度の地図情報を手に入れることが可能です。一方で、ある程度機能を制限することで費用を抑えることも出来ます。例えば道路の状態だけを確認したいのであればカメラによる映像データとGPSによる位置情報だけで十分です。これらを利用することで現場で手作業による確認をする必要がなく効率よく情報を収集することができます。

一方でモービルマッピングシステムでは、データを収集してそれを整理することでひとつのデータを作り上げるものです。ある程度精密な測量をする場合には必要な工程ですが、IT通信関連技術を使ってリアルタイムで送信するということもでき、災害時の迅速な情報収集にも向いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *