IT通信関連の発展はモービルマッピングが鍵

道路を歩いているときには気がつかないうちにいろいろな情報を収集しています。

交通標識やお店、樹木の成長、マンホールがあることや段差の高さまで、さまざまです。基本的に自分に関係ない情報は忘れてしまいますが、今度いきたいところがあれば覚えているはずです。でもはっきりと思い出せず、悔しい思いをすることもあります。そんな問題はITによって解決することができます。通信関連の発達によりどこでも簡単にインターネットにつなげるようになりました。探したい場所の地図を開き、その場所の画像情報を見れば何があるかは一目瞭然です。

さらなる通信関連の進化によってリアルタイムな情報も取得可能です。そんなIT化による情報提供を実現できるのはモービルマッピングのおかげと言えます。モービルマッピングは車両などを走行させるだけでその場所の情報を収集できるシステムです。GPSによって位置データを記録しながら、その位置の360度の画像を記録し、レーザー計測を使って寸法や位置データを取得します。

取得したデータは分析され、通信関連で利用される情報提供にまとまられたり、防災のための3Dt情報として活用されます。また、道路設備の補修の計画に使用されるデータもこの分析によって現地に行くことなく作ることができます。働き手が減少する社会でモービルマッピングによるIT化が現地に行ってない人もその場の情報を確認することができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *