モービルマッピングはITを駆使した通信関連システム

通信関連、中でも移動体通信関連のニュースの中で耳にする機会が増えた用語の1つに、モービルマッピングシステムというものがあります。

このシステムは、高度なITを駆使して道路及びその周辺状況に関する諸情報を取得できるシステムです。土木・建設・自動車製造など、さまざまな分野への活用が進んでいます。モービルマッピングシステムの運用に当たっては、特殊なIT機器を搭載した自動車が使われます。

標準的な装備は、デジタルカメラ・レーザースキャナー・GPSシステムなどです。デジタルカメラは360度の撮影が可能になっています。また、タイヤホイールにエンコーダを取り付けて位置情報や速度情報を取得するタイプもあります。これらのIT機器によって取得されたデータは、車内に設置されたパソコンに自動的に取り込まれます。取得される情報にはどのようなものがあるかというと、道路やその周辺にある建物の形状、各種標識・ガードレール・マンホールの設置状況などです。

これらの情報は取得後に整理・加工することで、3次元の画像データとして閲覧することが可能になります。先進的な通信関連技術であるこのモービルマッピングシステムですが、主な用途としては土木工事に際しての路面調査やトンネル調査、建設工事に際しての環境影響評価に係る資料作りなどが挙げられます。災害時の現状調査にも利用できます。また、試走車の走行データ取得や運転シミュレータ用の画像作成などにも活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *