モービルマッピングとは?IT・通信関連の基礎知識

IT・通信関連業界には知っておきたい用語や知識がたくさんあります。

その中の1つがモービルマッピングシステムです。モービルマッピングシステムとは、車に測定器を装着し、走行しながら周辺の建物や道路の形状などの3次元位置情報を取得するシステムのことです。このシステムを使用することにより、混雑が予想される幹線道路などの交通の流れを止めることなく精密な位置情報を取得することが出来ます。地図の製作や自然災害などの被害が起きた場合の修復作業など、幅広い分野での活用が期待できます。

モービルマッピングシステムで取得したデータを有効活用するため、ITや通信関連の技術を利用したアプリケーションが開発されています。例えば通信関連の技術の活用においてはGPSを車両に搭載し、撮影した映像とGPSの情報を照らし合わせるなどしてさらなるデータの精密化を図っています。IT技術が活用される分野は、取得したデータの加工などの分野です。一例を挙げると、自動車業界でその開発が急ピッチで進められている自動運転技術において必要な高精度の地図データの作成です。

モービルマッピングシステムで取得された大量の点群データを、自動運転システムで利用出来るものにするためにデータを加工し、高精度三次元地図データベースに加工するなどという技術が活用例の一つです。今ではモービルマッピングシステムは様々な企業がより高精度・高性能のものの開発を進めており、今後も私たちの生活を支えるために役立つ技術となっていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *