通信関連やITの進化でモービルマッピングが話題

モービルマッピング技術がここ数年で話題になっています。

車両などに複数のビデオカメラシステムやレーザー計測器を搭載して情報を取得し、GPS通信によって位置情報ごとに記録します。収集したデータは位置情報ごとに分析され、画像データ、測量データ、交通規制の情報として登録していろいろな目的に利用可能です。一般的に使われているものでは地図情報やナビゲーションへの活用があります。

通信関連の活用にはスマートフォンなどで提供される地図情報の写真提供です。指定した地点の映像をリアルに確認することが可能です。ITの進化は多くの便利を提供してくれます。特に自分いる場所の情報が瞬時にわかるのは通信関連が発展したことによる賜物です。このような需要にもモービルマッピングで取得した情報が利用されていて、ITによる生活の変化が期待されます。

現在地から最も近い病院や交番、地震が起きた時の避難場所など知りたいときに見つかることが重要なこともあります。災害の発生は情報の混乱が発生する恐れがあり、本当の情報と言うのがわからなくなります。通信関連も影響を受けるようになりますが、IT無くしては乗り超えられないほど、今の生活は依存しています。避難経路の確保やハザードマップを作るような時でもモービルマッピングの情報は生かされています。多くの情報が集まればより詳細な予想を立てることができます。今後もその活用方法は広がっていくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *