ITや通信関連でも注目のモービルマッピングシステム

近年、ITや通信関連の業界で話題になっているのが、モービルマッピングシステムと言われる存在があります。

初めて耳にする言葉の方も多いと思いますが、モービルマッピングシステムはMMSと略称されることも多く此方の方が目にした方が多いかもしれないです。日本語に訳すと移動する地図作成システムと言う事になり、自動車などの車両に計測機器を搭載させて、ITの力で旧来よりも高速で測量を可能にしてくれる為、通信関連で注目されている現代の最新地図作製等に役立てられております。

モービルマッピングシステムには、車両系の測量ですとGPSアンテナは衛星データを取得する為に必ず搭載しますが、レーザスキャナを搭載させた道路の画像データを3次元の高精度で収集することを可能にするシステムや、全方位カメラを搭載させて走行している道路などを360度全方位の動画でデータとして取得できるシステムが現時点で存在しております。

最近ではGPSを利用せずに手持ちで人間が高精度な測量を実現するツールなども出てきており、車両などが入れなかったりする場所での高精度な測量を実現できるようになってきていますし、これらは林業などにも役立てられ3次元でデータ化した情報を元に効率よく木を伐採し、システム利用前よりも利益の増大に繋がるなど、モービルマッピングシステムはITや通信関連で注目されている高精度の地図作製だけでなく様々なビジネスの現場を支える最新技術の一つとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *