IT通信関連で注目のモービルマッピング

次世代IT通信技術である5Gの規格が注目されている中で通信関連技術で劇的な進歩の手助けとなるものとしてモービルマッピングの開発が進んできています。

自動運転の実現のためには必須とされているモービルマッピングとは自動車にITセンサーを備えた計測機器を搭載して走行しながらリアルタイムに道路の状況や建物の構造、標識、通行者の判断をして3Dデータを構築していく技術です。現状では道路上に作業者が立って測量をしている姿を見かけることがありますが、このモービルマッピングの通信関連技術が確立するとその作業が不要になります。

測定器を搭載した自動車でその区間を普通に走行するだけで計測は完了するのです。測量中として片側の通行を止める必要もないので時間にしばられることもなくなるし作業員が事故にあうこともなくなるのです。モービルマッピングのために特別な技術を必要としません。測定器を搭載した自動車を普通に運転するだけです。運転中に複雑な作業を必要としないのでITの進歩によって通信関連が整い次第訓練することなくすぐに導入することが可能となります。

このことは世界中に一気にサービスを拡大させていける根拠となり得るのです。計測されたデータは総てバックアップされているので、正常な道路と異常事態となっている道路との比較を瞬時に行って復旧に役立てることができます。デジタルデータは情報を後から付与することも容易なのでスマートフォンとの連携で新しいサービスがどんどん生み出されてくることが予測されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *