MMSの立ち上げと現在について

MMSとは、マルチメディアメッセージングサービスのことを指し、3GPPとオープンモバイルアライアンスによって標準化されているメッセージングサービスです。

最初のフォーラムは携帯電話のネットワークサービスであるWAP規格で立ち上げられたMMSですが、後にオープンモバイルアライアンスにまとめられたという経緯をもっています。MMSが立ち上げられる前にはショートメール機能などが広く利用者に使用されていましたが、現代の携帯端末の大幅な普及と主にカメラ機能の高性能化に伴い、画像や動画などのやりとりを可能にするために新しい標準規格として設計されました。

MMSの立ち上げによって短い文章のみ可能であったショートメール機能に比べて、画像や動画、音楽、そして端末にプリインストールされているイラストなどをメッセージに記載できるリッチテキストの送信も可能となったことが最大の特徴と言えるでしょう。また、ショートメール機能では電話番号経由のみという制限がありますが、MMSではメールアドレス宛にも同様のメッセージを送ることができるようになったという点もメリットのひとつとして挙げられます。

また、送信する画像や動画などの容量が大きい場合でも、サーバが自動的に縮小などをして相手に送るという仕様になっているため、ユーザー間のやりとりがよりスムーズになったという点も特徴です。さらに、特定のキャリアでは海外との通信も可能としていることも強みのひとつと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *