MMSとSMSの間にはどのような点に違いがあるのか

携帯電話においてMultimediaMessagingServiceの略称であるMMSは重要なサービスの一つですが、これとよく比較されるものにしばしばSMSの略称で呼ばれるShortMessageServiceがあります。

世界中で販売されている携帯電話には2つのサービスを両方使うことができるようになっているものが多いですが、これらのサービスにはいったいどのような違いがあるのでしょうか。SMSとMMSの大きな違いの一つは送ることができるものの種類です。種類が多いのは後者で、テキストだけでなく画像や動画なども送ることができ、多くの情報をやりとりすることができます。

SMSで相手に送ることができるのはテキストと絵文字程度であり、最大文字数も70字程度なので、写真やビデオを見て欲しいのであればMMSを使用しましょう。また、宛先に使用できるものの種類についてもMMSのほうがSMSより多いです。SMSは電話番号のみを宛先にすることができるのに対して、MMSは携帯電話会社と契約したときに与えられたメールアドレスも使うことができます。

料金の仕組みも異なっており、SMSは相手が同じ携帯電話会社の端末を使用している場合は無料、異なる会社のものであれば有料とされていますが、MultimediaMessagingServiceはパケット通信料に含まれて請求されるため、サービス本体の利用料は実質的には無料となっています。2つのメッセージサービスには上記のような違いがあります。携帯電話の利用料金をできるだけ安く抑えたいのであれば、違いを把握した上で上手に使い分けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *