SMSとMMSの違いとは

Lineなどで友だちと連絡と取ることはありますが、Lineの場合はアプリが必要です。

それに対してアプリがなくてもメールを送ることができる方法がSMSやMMSです。前者は一般に「ショートメール」と言い、後者は「マルチメディアメッセージングサービス」と言います。一般のメールとこれら2つのメールの大きな違いは一般のメールとは違い、Lineのようにメールのやりとりがチャット形式であることです。SMSとMMSの違いは前者が電話番号がわかっていれば遅れるのに対して、後者はメールアドレスが必要なことです。

そのメールアドレスも通信会社から提供されているメールアドレスであることが必要です。ですので使い勝手という点ではSMSのほうが便利です。電話番号さえわかっていればよいからです。しかし、デメリットもあります。それは送信できる文字数が70文字前後という制限があるからです。また画像なども送ることができません。それに対してMMSは長文を送ることもできますし、画像を送ることもできます。

最近は格安スマホが注目されていますが、格安スマホでは通信会社専用のメールアドレスが提供されません。ですのでSMSを利用することはできますが、MMSを利用することができませんので注意が必要です。そのことを知らずに格安スマホに変えてしまいますと、あとで後悔することになります。しかし、Lineを見てもわかりますように、アプリでメールのやり取りができますのでMMSにこだわる必要もないかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *