MMSの特徴について

MMSとは、マルチメディアメッセージングサービスが正式呼称で、主に携帯電話用のメッセージングサービスのことを指します。

過去にはショートメールサービスやその他のメッセージングサービスが中心に利用者に使用されてきましたが、昨今の携帯端末の発展に伴ってサービスが開始されたのがMMSです。その理由としては、携帯端末で送られるデータが文章だけでなく、カメラによる画像や動画のやりとりが頻繁に行われるようになったためで、それぞれのキャリア依存方式ではなく通信業界標準の新しい規格が必要となったためとされています。

MMSの特徴としては、単純なメッセージを送るのはもちろんのこと、大容量を含む画像や動画、音、そしてリッチテキストによる利用者同士のやりとりができるという点です。ネットワーク制限が許すのであれば一度の送信に数百キロバイトの容量の画像などもやりとりできるという点が優れた特徴となっており、過去の通信方式と比べて容量あたりの単価は高くなる一方でサイズ制限の大幅な緩和を実現しました。

また、最大の特徴として、MMSを利用できる特定のキャリアでは海外でもやりとりができるという点が挙げられており、国際的な利用が多いユーザーなどに重宝されています。一方で、規格自体は国際利用を妨げるものはありませんが、一部文字化けなどが発生していたということもありました。一部制限などはある一方で、MMSは新しい標準規格として立ち上げられた優秀なメッセージングサービスと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *