SMS、MMS、iMessagerとは?

携帯電話のメッセージ機能には「SMS(ショートメッセージサービス)」と「MMS(マルチメディアメッセージングサービス)」と「iMessage」という3つがあります。

どれも、送受信はLINEのようなチャットの形式になっていて気軽にやり取りができるようになっています。その点で、ガラケー時代から続いているキャリアメールとは違っているということが分かります。SMS、MMS、iMessageの3つとも見た目はどちらもほとんど変わらず、どのような違いがあるのかはわかりにくいのが現状です。3つのメッセージサービスの違いとして、SMSは電話番号を利用して送信するサービスになっています。

文章も、短いものしか送ることができません。添付ファイルを付けることができないのも特徴です。送信にも料金がかかり、同じ携帯会社であれば一通につき3円かかります。以前は同じ携帯会社同士でなければやり取りができませんでしたが、今では別の携帯会社であっても利用できるようになっています。MMSはそれぞれの携帯会社独自のメールアドレスを使って送信するサービスになっています。

長い文章はもちろん画像や動画なども送信することができます。料金もWi-Fi利用時はWi-Fiの通信料のみで別途料金を取られることはありませんし、利用時でなくてもパケット通信使い放題のプランに加入していれば実質無料となります。iMessageはiOS端末同士で利用できるサービスになっています。これはiPhoneやiPad、MacなどApple社の製品同士であればやり取りをすることができます。SMSと同じく、携帯電話を利用して送信するサービスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *