ドクターヘリの必要性

ここ日本においては、緊急を要する患者がいる場合救急車で搬送するというのが一般的な考え方となっています。

しかし実際には、救急車を要請してもなかなか来てくれなかったり、救急車で搬送したものの受け入れてくれる病院がなかなか見つからないといった状況に陥ることがあると言われています。このような状況を減らし、緊急を要する患者を一人でも多く救おうという願いのもとに導入されたのがドクターヘリです。

通常救急車には救急隊員が同乗するため、応急処置は行なうことができても必要な医療行為を行なうことはできません。それに対して、ドクターヘリには医師とフライトナースが同乗するため、搬送中であっても必要に応じて医療行為を行なうことができるのです。そのため、救急車での搬送中に医療行為が行なえないために患者の容態が悪化してしまうといった事態を避けることができます。

基本的に言ってドクターヘリの場合は、救命救急センターのある病院ならどこでも患者の受け入れができるようになっています。また状況によっては、ドクターヘリに同乗していた医師やナースが受け入れ先の病院でそのまま対応に当たることも可能なのです。加えて最近では、大きな事故があった現場や災害地など、救急車が立ち入ることのできない場所に患者がいるといった状況も増えています。ドクターヘリなら、道路が寸断されてしまった場合であっても患者を搬送でき、しかも最短ルートを使って早く搬送できるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *