モービルマッピングの仕組み

モービルマッピングは移動しながら計測を行い高精度な三次元測量を行うというものです。

モービルマッピングが使用される分野としては土木・建築などで移動しながら測量を行うので、それまでの人力による方法と比べて時間が掛からず、かつ時間が掛からないので費用も抑えることができます。精度も高性能なレーザー測量機の登場により、実際の測量と変わらないデータを得ることが可能ですし、またモービルマッピングでは三次元データを得ることができますから、道路の状態や周辺の設備の状態の確認をすることができ、道路のメンテナンスを行うさいの基本データとしても活用することができるものです。

モービルマッピングの仕組みとしては現在地を計測するGPSとレーザースキャナーと呼ばれる三次元測量機、映像を撮影するカメラ、移動した距離や方角などを蓄積するオドメトリやIMUなどです。GPSによる位置情報だけでは正確な場所を把握することができませんから、起点から見て移動した距離や方角を記録し、それら蓄積されたデータを処理して三次元のデータとすることができます。基本的にモービルマッピングといえば自動車を用いたものですが、ヘリコプターや徒歩でも機器を運搬して測量することが可能な状態であれば、使用することができるものです。このため都市部の測量だけでなく地方の山間部や平野での測量にも用いることができ、特に広大な場所ほどそのメリットは大きくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *