3次元データ収集を効率化するモービルマッピング

モービルマッピングとは、自動車に搭載される移動式の精度が高い3次元による計測システムのことです。

具体的には自動車にGPSや広角カメラ、レーザースキャナーなどといった機器を搭載して走行します。それと同時に道路や建築物の形状、標識や路面文字など道路の周辺にある3次元位置情報を得ることが可能です。従来は歩行して測量を行っていましたがモービルマッピングが開発されたことにより、もっと短い期間で広い範囲の調査をすることが出来るようになりました。

そのモービルマッピングが、どんな場面で利用することが出来るのかというとトンネルを調査したり精度が高い3DのGISデータを収集したり道路台帳を作成したりすることが可能です。以前と比較すると時間を短縮させることが出来るようになり、なおかつ細かい情報を収集することが可能なのが特徴になります。他にも自動車のモデルの仮想実証に使う道路データを取得することも出来るので、色々な活用方法があるのです。

3次元のデータを収集するのは非常に手間がかかる作業ですが、モービルマッピングを利用すると効率的に行うことが可能なのが魅力になります。ちなみにモービルマッピングは非常に便利で役に立ち詳細を知りたい場合は動画で解説もしているため、そちらを視聴すると分かりやすいです。情報をベースにして作成された動画は性能を分かりやすく解説していて、どのようなことが可能なのかを理解することが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *