道路の安全を確保するために重要なモービルマッピング

モービルマッピングは自治体から許可を取り、普通自動車の車上に大型のデジカメなどの撮影機材を載せて街中を走ることです。

なぜモービルマッピングが必要なのかというと、それは地上からの目線で道路や建物の状況を把握したいというのが理由になります。現在の測量の方法としては、ヘリコプターに撮影機材を設置して上空から撮影するレーザー測量が主流です。この方法のメリットは上空から撮影することで障害物に邪魔されず広範囲を一度に調べられることに加えて、地上からはわからない起伏などを電子データとして分析することで最適な情報が瞬時に取得できます。

しかし空中から撮影するデメリットとしては、広範囲は撮影できても地上の情報は逐一変化しているためその変わる状況に対応できないことです。そこで普通自動車の上に撮影機材を載せて道路を実際に走行することによって、例えば工事現場や道路の破損そして交通渋滞の情報などリアルタイムで得ることが可能になります。このモービルマッピングを活用すると、一番恩恵を受けるのがカーナビ関連や地図アプリを開発している企業です。

これらの企業にとって上空から撮影したことで得られる情報も大きいですが、やはりリアルタイムでの道路の状況を知れるというのは信頼性の向上につながるので是が非でもほしい情報になります。モービルマッピングによって正確に得られた情報は実際に使う運転手にも、安全運転の助けになるので結果的に事故率の軽減につながるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *