モービルマッピングの作業の流れ

モービルマッピングは、3次元による計測を移動しながら行い位置情報を取得して地図化する技術のことです。

自動車に搭載して撮影するのが主流となっていて走行しながら道路や建物の形状、路面に表示されている文字や標識など道路の周りにあるものを3次元による位置情報を効率的に高い精度で得ることで地図化していくのです。他にもマンホールやガードレールなど、走行に影響を与える様々な情報を取得しています。そしてモービルマッピングシステムはオドメーターや幾つかのGPSなどを使って自動車の位置や状態のデータを高い精度で取得し、同期したカメラやレーザースキャナーを搭載し走行しながら路面と周りの3次元データを得るものです。方法としては最初に起点となる自動車の動作や補正情報、方位角のデータを取得して初期化走行を実施します。

次にオペレーターと運転手で計測を行いますが、このときには時速20キロメートルから80キロメートルの範囲で走行するのです。その後に終了走行を実施して、その上に取得した情報を高い精度にするための作業を行います。以上が、モービルマッピングの大まかな作業の流れです。自動車に搭載しているカメラの画素数はそれぞれ、およそ500万画素ぐらいになります。撮影間隔は1秒当たりに10枚となっていて、水平方向が80度で垂直方向が64度の視野角が広いカメラを使って周囲を撮影することが可能です。カメラとレーザースキャナーを設置する角度はキャリブレーションにより厳密に調整されていて、カメラ画像とレーザー点群が重なるように計測します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *