広い範囲を測量出来るモービルマッピング

モービルマッピングシステムは自動車の上の方にGPSアンテナやカメラ、レーザースキャナーなどの機器を取り付けて走行する移動する計測システムです。

このモービルマッピングシステムはリアルタイムで道路に関する様々な情報を取得することが出来ます。道路には国道や県道の他にも高速道路や橋、トンネルなどもあります。道路も建造物の一種なので、その耐用年数は100年ぐらいですが使用頻度によっても異なるのです。測量をするときには、一般的に特殊な広角カメラを固定させた人が歩いて人海戦術で撮影したり上空から航空機で測量したりする方法になります。

これらの手段を使っても、適切に測量することが出来ない場合もあるのです。歩行して撮影する方法はリアルタイムで道路の状況を知ることが可能ですが、狭い範囲しか測定することが出来ません。航空測量だと広い範囲を測量することが出来ますが、航空機は何度も飛行させることが出来ないですしトンネルなどのように障害物に隠れているエリアは測量することが出来ないというデメリットがあります。

これらの問題点を解消するのが、モービルマッピングシステムです。性能が良い測量機器を自動車の上の方に取り付けることにより、走らせながらリアルタイムで測量することが出来ます。自動車から測量することが可能になることにより長い時間に亘って撮影することが出来るだけではなく、航空測量ほどではありませんが非常に広い範囲を測量することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *