阪神・淡路大震災がドクターヘリの誕生に繋がる

ドクターヘリはヘリコプターを救急医療用に利用し、医師と看護師を搭乗させることができ、現場に空から駆けつけ救命することを目的とします。

実際に救急医療では、一刻を争うほどの時間に追われることも多く、空から現場に直行した方が直ぐに到着することができるメリットが存在します。もっとも早期に医師や看護師に診てもらえば助かることもあり、実際に命が助かったことも事例も多かったことから法律を整備してまで、ドクターヘリを使えるようにする動きもあります。ドクターヘリの構想は、救命においては病院へ搬送するよりも医師・看護師が直接的に駆けつけた方が生存する確率が高いことから、その目的での利用が多いです。

実際に設備に関しても、ストレッチャー・人工呼吸器・モニター・AED・輸液ポンプなどの様々な症状に対応できる必要な備品を搭載しています。もっとも阪神・淡路大震災では多くのビルや家屋が倒壊して、地上の緊急車両が駆けつけての対応が困難な状況があり、その時にドクターヘリが往復を行うことで活躍したこともあり、それが医療機関でも徐々に整備されております。

今後はドクターヘリを使うことができる環境があり、緊急を要する場合には一般市民でも、それを利用される可能性も存在します。なお緊急車両を呼ぶ時の時間が道路の混み具合によっては、駆けつけるまで時間がかかってしまう懸念も多いです。その時間を短縮することができる点と、医師や看護師が直接的に現場に駆けつけられることで適切な救命医療を受けることができるメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *